1. アキレス腱炎に気をつけよう!

アキレス腱炎に気をつけよう!

アキレス腱炎に気をつけよう!

アキレス腱炎になったときはありますか?

踵の後面に疼痛を感じることがあれば、アキレス腱炎の可能性があります。

普段から足に負担のかかる靴などを履いているときは、注意が必要です。

適切な治療で早期に回復することができるアキレス腱炎についてお話したいと思います。


アキレス腱炎とは??

主な症状は、腱付着部から上方2cm~6cmにかけての圧痛や腫脹のことをいいます。

アキレス腱の小断裂が瘢痕化するものとパラテノンの慢性炎症に起因した肥厚・腱との癒着によって疼痛をおこすものがある。

この部位は、年齢が高ければ高いほど血流が減少するとの報告もある。

発生状況により慢性型と急性型にわけられます。

慢性型の好発年齢は比較的高いです。

走ったりする動作などで下腿三頭筋の遠心性収縮と求心性収縮を繰り返した際に、下腿三頭筋の使いすぎよる腱の弱化、変性、微小断裂を基盤として、アキレス腱に比較的大きな牽引力が頻回にわたって加えられることにより起こります。

慢性型はオーバーユースが原因となります。

急性型はダッシュや急激なジャンプなどによる過度の底屈動作で発生する。

また、アキレス腱炎になりやすい内的要因としては、下腿、足部のアライメント異常やアキレス腱の滑走性低下、足関節可動域制限などがあげられる。

特にレッグヒール・アライメントは、アキレス腱の停止部である踵骨の内外反の程度を示すもので、アキレス腱に対して全額面において加わる牽引負荷の指標となります。

踵骨が外反位の場合にアキレス腱内側に牽引負荷がかかりやすく、内反位の場合にはアキレス腱外側に牽引負荷がかかりやすい。

外的要因としては、グラウンドサーフェスの硬さやシューズの踵の安定性などが関係している。

アキレス腱炎が発症する原因に大きく関係しているという靴には、女性も十分に気をつけなければいけません。


アキレス腱炎の症状は??

アキレス腱炎の腱部の疼痛を主訴として、腱の圧痛や紡錘状腫脹、有痛性の硬結がみられ、足関節底背屈時にギシギシといった音がすることもある。

初期症状は運動の始めに痛み、ウォームアップ後や運動中は痛みが軽くなる。

このために慢性化しやすい。

急性に発症した場合は、片足立ちやつま先立ちができるかどうかを確かめ、それらが不可能であればトンプソンテストによりアキレス腱断裂との鑑別が必要になります。

また、下腿三頭筋の筋力の左右差や筋緊張、足関節抵抗運動の時の疼痛の有無アキレス腱の圧痛点の確認をします。

アキレス腱の滑走性を確認するために、踵骨を固定して、アキレス腱を走行と垂直方向に動かしたり、アキレス腱を保持したまま足関節を底背屈させたり腱の伸縮性を確認する。

また、三角骨障害ではアキレス腱の深部の疼痛を訴えることもあります。

でも、風俗嬢の皆さんが、アキレス腱が痛いと言っていても、実はアキレス腱ではなくて、後脛骨筋や長指屈筋、長母趾屈筋の疼痛である場合もあるので、きちんとした医療機関で受診することをお勧めいたします。

運動したわけでもないのに、アキレス腱に発赤や腫脹が両側に見られる場合は、痛風や腎障害、風邪症状の初期ということもあるので、注意してくださいね。

女性の皆さん、いかがでしたか?

アキレス腱が痛いという時は、早めに治療しましょうね。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する