1. オナクラで働く

オナクラで働く

オナクラで働く

オナクラで働く

風俗で稼ごうと思う方は、何の風俗が自分に向いているかわからない方もいるのではないでしょうか。
デリヘル、ソープ、ピンサロ、オナクラ、リフレ…と数えきれないほどありますが、ここではソフト風俗のオナクラについて話したいと思います。

オナクラは、お客さんのオナニーを見るのが仕事で、「脱がない・舐めない・触られない」が特徴です。風俗初心者にもぴったり。
とはいえ、オナクラで働くとどんなメリット・デメリットがあるかをあらかじめ知っておくことも大切ですよね。

オナクラのメリット・デメリット

オナクラのメリットは、なんといってもほかの風俗に比べてハードルの低いことでしょう。
フェラチオなどをする必要もないので、性感染症のリスクも少ないのは、やっぱり大きなメリットといえます。
デリヘルやソープは、常に性感染症のリスクと隣り合わせなので。
また、時間に融通がきくのもメリットでしょう。
割と自由な働き方ができるのがオナクラで、働きたいときにガッツリ働くとか毎日少しずつ働くとか自分のペースでできるので、続けやすいんです。

もちろん、デメリットもあります。それはお店によって、かなりサービス内容が異なるのです。
オプションメニューで場合によっては手コキをしたり女のコが裸になったりと、 オナクラでそんなことまでするの?とびっくりしてしまうかもしれません。
事前に、どんなオプションがあるのか調べて、できないものがあるときは面接のときにきちんと確認してください。
比較的誰でもできそうなオプションは、くすぐるなどのボディタッチ、下着・コスチュームの指定、言葉責め、人によってできるかできないか分かれるオプションは、手コキや足コキ、道具を使ったプレイなどです。
オプションの組み合わせ方によっては、ソフト風俗といえないくらいのものになる可能性も。

オナクラで働く前に

利用料金は最短で10分と、接客時間はかなり短いです。
平均的なコースは20分~40分ですが、120分のロングコースも大体のお店であります。
オナクラは、お客さん曰く「素人っぽいコと遊べるのが魅力」とか。
素人っぽいコとゆったりと過ごしたいと思うお客さんの気持ちに応えるためには、コミュニケーション能力も必要です。
ただオナニーを見ればいいというだけでなく、男性を興奮させたり楽しませたりするサービス精神もほしいところ。
だからといって、サービスにないことをやる必要はありません。
今度また指名してほしいからとかお客さんの要望に応えたい気持ちはわかりますが、サービス範囲を超えてしまうと 、最悪の場合お店が営業停止になり、お店にも多大な迷惑をかけてしまうことになります。
無理なことは無理ときちんと断りましょう。

オナクラは、お店選びがかなり重要になります。
自分のできる範囲内でやること、自分のペースでやることを大切にすれば、オナクラは働きやすいこと間違いなし。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する