1. セクキャバとキャバクラは別物

セクキャバとキャバクラは別物

セクキャバとキャバクラは別物の画像

セクキャバとキャバクラは別物

セクキャバもキャバクラと似ていると思って応募したら、こんなことまでするの?と驚く嬢もいるのではないでしょうか?セクシーキャバクラ略してセクキャバは、キスやお触りアリのキャバクラ。

地域によっては本番もあります。

セクキャバは水商売じゃない?

また、男性の下半身へのおさわりやフェラチオまでする店もあり、キスもディープキスだしお触りも服の上からではないので、ただセクシーな服装をするだけならという人には無理かもしれません。

セクキャバといっても店によって「どこまでするか」は異なります。その点について、しっかりと事前に確認する方法があります。男性用(お客さん用)のホームページを見るのです。時々、女性向けの求人用ホームページには書かれていないサービス内容が、男性向けのホームページに書いてあることがあります。こういう店は信用できないので、やめておいたほうがいいでしょう。

キャバクラはお客さんとおしゃべりしたりお酒を造ったりと完全に水商売ですが、セクキャバは風俗的な色合いが強いのでそれを理解していれば、セクキャバで働けます。キャバクラとセクキャバは別物なのです。

セクキャバの仕事の流れ

では、具体的にセクキャバの仕事の流れを見てみましょう。

セクシー系のドレスっまたはランジェリーなど肌の露出度が高めの服を着て、男性とソファーに座って一対一になります。お客さんとおしゃべりをしていると、サービスタイムに。そうすると、あちらこちらのソファーで上半身裸の女性が男性の股の上にまたがっているのは、なんとも刺激的です。同伴・アフターはお店によってよりけりですが、稼ぎたいならば同伴・アフターありのほうがいいですよ。

セクキャバのメリット

セクキャバのメリットも、もちろんあります。

まず、時給が高いことです。ほ科の風俗に比べたら稼ぎは少ないけど、安定した高収入は嬉しいでもの。

そして、ノルマがありません。

ノルマがないからか、店の女のコ同士が競うこともなく、雰囲気が悪いとかイジメがあるとかはほとんどないようです。ガツガツ働きたくないし、人と話すのは得意な方ではない人に、セクキャバ嬢は向いています。セクキャバなので胸が大きければ、なおいいでしょう。もちろん胸が一定の大きさないと働けないわけではないのですが、サービスタイムで胸を揉まれることなどを考えると、ある程度の大きさはあった方が喜ばれるかも?!

セクキャバは、ちょっと風俗の仕事をしてみたいという人にぴったり。

興味が少しである方は、まず見学だけでもいってみませんか?

カラダに触られることに抵抗ないコは、セクキャバのお仕事いかがでしょう♪

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する