1. セクキャバの時給システム

セクキャバの時給システム

セクキャバ

セクキャバの時給システム

セクキャバの時給システムは、ちょっと複雑。
まずは、体入時給から説明します。


体入入店について

体入とは、体験入店のことです。
試しに1日~3日お店で働いてみて良かったらそのまま正式入店するのですが、嫌だったらその時点でやめていいのです。
この体入時給は、5000円くらいで、正式入店してからの時給と同じこともあるし、上がる可能性も。それは、体入入店時の貴方の働きぶり次第なんです。
体入のときに頑張っていれば、その頑張りをきちんと評価されるわけです。
ほかにも、貴方のスタイルや容姿、接客可能時間や出勤日数などいろんな面で、稼げる人材かどうか判断されるとのこと。
そして、体入入店についてですが、1日だけだとお店のことがわからないからもう少し体入したいときは、時給はどうなるのかというと、お店によっても違います。数日間同じ時給のところもあれば、1日目のみ時給が違うところもあります。

セクキャバの給与システム

そして、セクキャバの給与システムは3種類あります。さらに複雑な話になりますが、セクキャバに興味があるならば避けて通れないことなので、ぜひ頭に入れてください。

給与システムは、「売上時給制」「ポイント時給制」「給率時給制」の3つがあります。
特に最後の「給率時給制」は、初めて聞いたという方も多いのでは。
この「給率時給制」は、いわばお店が損をしないためのシステムでもあります。
売上に対していくらお給料を支払うかの比率なのですが、たとえば前月の指名売上が100万の場合、女性に支払われるのは半分、つまり50万というケースが多いでしょう。
次に、「ポイント時給制」は、女性の売上や指名本数、ボトルなどの成績をポイントに換算し、その合計数で時給が決まるというシステムです。

そして、「売上時給制」は売り上げによって時給が変動するスライドシステムで、さらに本指名バック、場内バック、ドリンクバックなどとバック金額がプラスされていくという仕組み。実にややこしい給与システムなのですが、実はそんなに稼ぎが大きくは変わらないのが現状。
セクキャバの給与システムはわかりづらいですが、給率50%前後が基本です。
売上時給制であろうとポイント時給制であろうと、計算の仕方が違うだけで、給率は変わらない。それがセクキャバの特徴ですね。

ちなみに、セクキャバの給料日は月1回か2回が大半で、毎月16日前または 月末に最終的な時給が決まることが多いとか。

セクキャバは、キャバクラよりエッチでお客さんと疑似恋愛できると人気。
時給システムは複雑ではありますが、一度仕組みを理解すると大丈夫ですよ。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する