1. 思わず指名したくなる!セクシー&個性的な自撮りの基本

思わず指名したくなる!セクシー&個性的な自撮りの基本

思わず指名したくなる!セクシー&個性的な自撮りの基本

指名増の鍵!「写メ日記」は自撮りが命

 
風俗のお仕事をしている女性の多くが書いている「写メ日記」。
お店のホームページなどにある、いわゆるブログのようなものですが、一般的なブログとちょっと違うのが「写真がメイン」であること。
それも、お店の女の子のプライベートがよくわかる「自撮り」がメインになります。
写メ日記は、初めてそのお店を使うというお客さんにとっては、「どの女の子を指名しようかな」と考えるときのヒントになります。
また、常連のお客さんにとってはお気に入りの女の子のプライベートを知ることができる唯一のツール。
お気に入りの女の子の、お店やサービス中では見たことがないリラックスした姿やセクシーな姿が見られるため、写メ日記の更新を楽しみにしているというお客さんも多いです。
つまり、写メ日記の自撮り写真は、お客さんとの大切なコミュニケーションツールなのです
お客さんからの指名を増やすためには、自撮りで自分の魅力を最大限に引き出すことが大切になります。
 

思わず指名したくなる自撮りとは?

 
お客さんが写メ日記の自撮りに求めていることは、「指名の参考にすること」「お気に入りの女の子のプライベートを知ること」です。
まず大切なのは、「顔を見せること」。
ですが、そのまま顔出し写真を使え、と言っているわけではありません。
風俗のお仕事では身バレの心配などから、お店のホームページには顔出し写真をのせないのがポピュラーです。
だけど、顔は女の子の雰囲気やキャラクターを表す大切なパーツ。輪郭や目元だけ、口元だけなどで十分なので、ちらっと出してみるようにすると指名が大幅に違ってくるかもしれません。
 
さらに大切なのは、やっぱり「セクシーであること」。
あなたの体の中でも特にセクシーさを演出できる部分を重視して撮りましょう。
柔らかそうな胸やお尻、きゅっとくびれたウエスト、すらりとした脚などなど……。
あなたの武器を知ることも、お客さんが指名したくなる自撮りには欠かせないポイントです。
 

自撮りの基本は「明るい場所で」「加工は控えめに」

 
SNSなどにのせる自撮りにも通用するテクニックですが、自撮りの基本は「明るい場所で」撮ることです。
暗い写真ではどんなに綺麗に撮れていても目立たないため、ほかの女の子の写真の中で埋もれてしまいます。
自撮りをするときには、窓辺の自然光やオレンジ色の白熱灯の下で撮るようにしましょう。柔らかい光の中で撮ることで、肌の質感が柔らかく見えるようになります。
 
また、最近流行りの「SNOW」などの写真加工アプリはなるべく控えるようにしましょう。
時々使う分にはマンネリ化を防ぐことができて楽しいですが、必要以上に目が大きくなったり肌が綺麗になったりと「盛れて」しまうため、かえって不評につながってしまうかも。
加工はトリミングや肌を少し綺麗に見せる、色味を調整するなど、必要最低限にとどめるのが無難です。
 

セクシー自撮りのプロ!グラビアアイドルの技を盗め

 
セクシーな写真と言えば、やっぱりグラビアアイドル。
グラビアアイドルさんは写真を撮られるのも上手ですが、自撮りも上手な方が多いです。
それは彼女たちが自分の魅力をよくわかっているから。
胸が大きい人は大きな胸を強調してみる、胸が小さくてもお尻や脚に自信があればそのパーツをより綺麗に見せるようなポージングを研究する。
グラビアアイドルさんは自分の武器となるパーツを上手に見いだし、日々磨いているのです。
ツイッターなどでグラビアアイドルさんのアカウントを探せば、そこは宝の山です。参考になりそうな画像を探して真似しちゃいましょう!
 

今すぐ試して!パーツ別自撮りテクニック

 
あなたはどのパーツをお客さんに褒められることが多いでしょうか?
お客さんが褒めてくれるパーツこそがあなたの武器です。
 
胸をよく褒められるという方は胸を強調した自撮りを心がけましょう。
顔を自撮りするときと同じように斜め上の方にスマホを構えます。空いている方の手で胸を抱えるようにして、胸をしっかりと寄せて谷間を強調!
また、「手ブラ」や下着を少し下に下げるなどして「見えそうで見えない」雰囲気を演出するのもセクシーですね。
服をたくし上げるようにして撮るのもテクニックのひとつです。
 
お尻を褒められるという方の場合は、鏡を活用した自撮り
これはグラビアアイドルさんもよく実践しているテクニックですが、ランジェリー姿で鏡に背中を向けて膝立ち、または正座をしましょう。ウエストをひねり、肩越しにスマホを構えたらパシャリ。
体をひねることでウエストを細く見せ、お尻の存在感を際立たせることができます。
お尻をできる限り前に突き出すのもポイントです。
 
を褒められる方はお風呂での自撮りがおすすめ。
湯船に浸かったら脚をのばして足先をお風呂の縁にのせましょう。
膝とつま先を少し内側に入れ気味にすると、内股になって女性らしさがさらに際立ちます。
脚の美しいシルエットと太ももの柔らかさを強調しつつ、セクシーさをアピールしながらも恥ずかしい部分は上手に隠すことができます。
 
自撮りの基本をおさえたら、あとは研究あるのみです。
自分にしかない魅力を最大限に引き出せるポージングや構図を追求しましょう。
プチプラで可愛い下着やコスチュームをたくさん集めて、バリエーションを出すのも大切!
個性的でセクシーな自撮りで指名増を目指しましょう!

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する