1. 意外と知らない風俗の面接︎

意外と知らない風俗の面接︎

風俗面接

意外と知らない風俗の面接︎

どんなバイトでも共通して必ず行なうのは、面接。
風俗のバイトでも、入店する前にお店のスタッフと顔合わせをします。
なぜそのお店を希望したのか、自己紹介など簡単に話したあと、 お店で行なうサービス内容・お給料・待遇の確認などを行ないます。
ですが、風俗の面接は一般の面接と少し異なることを知っていますか? 今回は、面接ではどんなことを行うのか、持ち物・服装などについてご紹介していきたいと思います。

面接での服装は自由

基本的に面接に着ていく服装は自由となっています。
しかし「自由」だからこそ、どんな服装で行けばいいか考え込んでしまう方が多いとか。
風俗ではあくまで男性に向けて接客・サービスを行います。
ですので、働く身としても客観的に見ても男性に好印象をもたれやすい女性らしさを感じさせる服装がいいでしょう。
パンツやズボンといったカジュアルなスタイルよりも、 スカートやワンピース、フリルのあるより女性らしい服装がオススメです。

お店に持って行くもの

面接に持っていく持ち物としては、筆記用具・メモ帳・身分証明書です。
未成年者の入店などを厳しく取り締まる風俗では、必ず年齢確認を行ないます。
証明書として、免許証や保険証、卒業証明書などの身分証明書のコピーを取られることがあります。
そして、面接の際に住所、連絡先などの簡単な個人情報やプロフィールなどを用紙に記入します。
その他に特別な持ち物があればお店側から指示が出るので、その時は事前に用意しておきましょう。

面接が終わった体験入店をしよう

面接を終えたら、業種に関係なく大半のお店で体験入店を勧められます。
体験入店の時間は自分で決めることができますが、 一日数時間だけ実際に働いてみて、お店の雰囲気や客層・サービス内容などを確認します。
働いた分のお給料はその日に手渡しで支給されます。
体験入店は働いたぶんだけお給料がもらえますから、積極的に参加していくといいでしょう。
風俗未経験で働いたことがないという方でも、 接客のやり方やサービス内容、テクニック教えてくれる講習制度があるのか面接時に確認するようにしましょう。
分からないことが残っていまったままでは意味がありません。
不明な点は面接までにメモをして書き留めておきましょう。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する