1. 捻挫に注意しましょう!

捻挫に注意しましょう!

捻挫に注意しましょう!

毎日、高いヒールを履いている女性は、一度は経験があるのは捻挫だと思います。

捻挫は、ひどいものだと歩行にも影響してしまいます。

高いヒールが二度と履けなくなる可能性も・・・。

本日は、女性も気になる捻挫についてお話したいと思います。


捻挫とは??

捻挫とは、外力によって関節の動きが正常範囲を超えることで起きる軟部組織の損傷のことである。

足関節捻挫は、スポーツの現場だけでなく、日常においても非常に高頻度にみられます。

主に、女性もよく履いている高いヒールを履いていて、くじいてしまうなどの行為で捻挫になってしまいます。

重症度としてはあまり高くないことが多いために、不適切な治療を施されたり放置されることも多いようです。

その結果、慢性化し、長期間に渡り疼痛や関節の不安定性の増大により日常生活に支障をきたすこともある。

また繰り返し再発するともよくみられる。

主訴は、関節部の疼痛、腫脹、不安定感である。

発生頻度としては、内反の強制による足関節外側の靭帯部での損傷いわゆる内反捻挫が大半ですが、外反の強制による内側靭帯の捻挫もある。

足関節の靭帯別の損傷頻度は前距腓靭帯の単独損傷が64%と多く、前距腓靭帯+踵腓靭帯、前脛腓靭帯の損傷と続きます。

内反捻挫とは、外側の靭帯損傷で「内反」の強制で受傷し、受けた外力の強さにより、通常は前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯の順で損傷される。

前距腓靭帯は関節包と一体となった関節内靭帯で、底屈内旋で緊張します。

踵腓靭帯は、関節包外靭帯で、背屈内反により緊張します。

外反捻挫は、内側の靭帯損傷で「外反」の強制によって受傷する。

頻度としてはあまり多くはありません。

また、三角靭帯は非常に強靭であるために、年齢により剥離骨折を伴うことが多くて、X線検査による診断が必要となります。


捻挫の症状とは??

傷害部位は、腫脹や圧痛の部位をよく確認することにより想定できます。

靭帯の走行は個人差があるためよく触診する必要があります。

また、腓骨の遠位端の下方に皮下出血が現れたときは、関節包を含む断裂が示唆されます。

日常生活での重症度の判定あ、体重がどのくらい負荷できるかということが1つの指標となる。

全く体重がかけられないものは第3度の靭帯断裂の可能性が高くて、医療機関の受診が必要となります。

症状がある程度落ち着いてから、関節可動域テスト、前方引き出しテスト、内反、外反テストなどを行う。

足関節捻挫では、外果や内果の骨折、靭帯付着部の裂離骨折および脛腓靭帯損傷を否定するため、足関節正面および側面のX線撮影を必要とする。

足関節外側靭帯の弛緩性を評価するためには、足関節のストレス撮影を行います。

受傷した直後は、痛みを伴うことや靭帯のさらなる損傷を伴うこともあるので注意が必要です。

必要な場合は、局所麻酔下に行うなど注意が必要です。

足関節の外側靭帯へのストレス撮影には、足関節の前方引き出しテストと内反ストレスによるストレス撮影が行われる。

足関節捻挫の治療は、第1度と第2度の損傷では、基本的に保存療法が選択されます。

捻挫と一言で言っても、自分の重症度を見極めて治療にあたる必要があります。

女性の皆さん、いかがでしたか?

捻挫は、繰り返して慢性化してしまいますので、正しい治療法で完治しましょうね。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する