1. 日焼け対策

日焼け対策

日焼け対策

日焼け止め

一番主流の日焼け対策です。

日焼け止めの正しい塗り方を紹介します。

1、ムラなく均等に塗りましょう

2、塗り忘れに注意しましょう

手や足は塗り忘れしにくいですが、首や足の甲などの塗り忘れに気をつけましょう。

3、数時間おきに塗り替えましょう

汗や水などで時間が経つと落ちてしまいます。こまめに塗りなおしましょう。

塗り直すのを忘れてしまう人が多い人や時間がない場合などは汗や水に強い日焼け止めを塗ると良いでしょう。

4、自分の肌にあった長時間つけていても違和感を感じないものを選びましょう

5、洗い流す

しっかり洗い流しましょう。しっかりと洗い流せていないとお肌に悪いです。お肌に刺激を与えています。毛穴が詰まるというお肌トラブルにもなるので綺麗に洗い流しましょう。

ゴシゴシとこするようにして落とす方法はお肌が傷ついてしまうのでおすすめしません。石鹸を泡立てて優しく落としましょう。効果の強い日焼け止めはクレンジングを使って落とすと良いでしょう。

 

化粧品

SPF、 PAと表記されたものを使用しましょう。

顔となると塗り直すのは難しいですが、SPF、PAと記入されたパウダーで化粧直しが可能です。

化粧下地やベースメイク、ファンデーション、フェイスパウダーはSPF、PAと記入されたものを使用するのがおすすめです。

 

グッズ

日傘

より日差しを通さない黒がおすすめです。

日傘のUV加工は3年程度ですので古くなったら取り替えるかUVスプレーをかけましょう。

帽子

なるべく日差しを避けるためにつばの大きな帽子がおすすめです。

サングラス

UV加工がされているサングラスがおすすめです。

色よりもUV加工されているものを選びましょう。

衣類

UV加工されたものを選びましょう。

肌が露出される服装よりも隠れる服装がおすすめです。

食事

外出前に食べると良いもの

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれている食べ物を食べましょう。

一番バランスよく摂取できるのがいちごです。

外出前にいちごを数粒食べると良いでしょう。

いちごを食べるときは、加熱したり加工したりせずに必ず生のまま食べてください。

洗うときのはヘタをつけたまま洗ってください。

ビタミンCは熱や水に弱いので気をつけましょう。

かぼちゃ、ピーマンもおすすめです

 

外出前に食べてはいけないもの

柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)

きゅうり、セロリ

など、ソラレンの多く含まれている食べ物は避けましょう。

外出前に食べてしまうと紫外線をより多く吸収してしまって日焼けを悪化させてしまいます。

その他にもパセリ、シソ、三つ葉、イチジク、キウイ、アセロラなども避けた方が良いでしょう。

ちなみにソラレンの働きは摂取してから2時間程度がピークで持続時間は7時間です。

 

アフターケアにおすすめ!

日焼け後の肌におすすめなのが、アセロラです。

アセロラにはビタミンCアントシアニンが含まれていて、紫外線で弱った肌細胞を修復して、日焼けによる炎症をケアしてくれます。

外出から帰ってきたらアセロラを摂取しましょう。

タンパク質と亜鉛もおすすめです。

タンパク質を多く含む食べ物

卵、チーズ、大豆製品、乳製品、鳥のささみ 他

亜鉛を多く含む食べ物

牡蠣、海苔、納豆、しじみ 他

 

いかがでしたか。

できているようで意外とできていない日焼け対策の紹介でした。

日焼けは夏だけではありません。

一年中日焼けはするので、シミを作らないために、美白を保つために日焼け対策をしっかりしましょう。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する