1. 球技を楽しもう!!

球技を楽しもう!!

球技を楽しもう!!

学生時代にソフトボールなどをしていて、大人になっても楽しみたいという風俗嬢はいませんか??

ソフトボールなどの球技を楽しむにも、怪我に気をつけなければいけないので、本日は怪我をしないように注意点などをお伝えしたいと思います。

一緒に見ていきましょう!


怪我の原因とは??

テニスやバトミントンのサーブやスマッシュ、バレーボールのスパイクなどの動作で起こる肩の障害であり、肩の痛みのために思い通りに投球動作が行えない状態を投球障害肩といいます。

風俗嬢の皆さん、ご存知でしたか??投球動作や身体機能、ポジション、投球数など様々な因子が相互に関連し合い、練習の量や質の増加により障害が発生します。

また、単純に負荷が多くなるだけで障害が発生するのではなく、疲労などで投球動作に乱れが生じ、一連の投球動作の中で肩や肘などに負担がかかりやすくなり、障害が発生する。

投球障害肩は、病態の診断ではありません。

各種の病態を総称したものです。

それぞれの投球相でみられる特徴と症状をみてみましょう。


①コッキング期

この時期は、上腕骨頭に前方に偏位する力が加わり、肩関節前方支持機構の負荷が増大し、炎症や損傷が生じることで肩前方の痛みが生じます。

また、不安定化を生じることがあるので、二次的にインピンジメントを引き起こします。

そのために腱板炎や肩峰下滑液包炎を誘発した場合には、肩全体の痛みを訴えることもあります。

上方肩関節唇損傷を誘発した場合は、肩の奥の痛みやひっかかり感を訴えたりします。


②加速期

この時期は肩の内転、内旋筋群が強く収縮するため、筋疲労による筋炎、筋膜炎や筋付着部炎などが生じ、痛みが誘発されます。

また、腱板が鳥口肩峰アーチ下でインピンジメントを起こし、腱板炎や肩峰下滑液包炎を誘発します。

その結果、肩全体に痛みを訴えたりします。


③フォロースルー期

この時期は、急激な減速のために肩の後方構成体に大きな負荷がかかり、肩後方の痛みが出現する。

病態としては、腱板炎や腱板不全断裂、後方関節唇損傷などがみられたりします。

また、上腕二頭筋長頭腱炎を引き起こすこともあるので、気をつけなければいけません。


投球障害肩の治療法とは??

投球障害肩は、病態診断ではなくて、各種の病態を総称したものなので、検査法や投球相における症状などを参考に病態把握を適切に行った上で、治療法を選ばなければいけません。


①コッキング期

障害されている部位に対して鍼灸治療を施します。


②加速期

投球練習の開始時や痛みがありながらも練習を継続している場合などは、僧帽筋、菱形筋、肩甲挙筋といった体幹と肩甲骨をつなぐ筋群に筋疲労や筋緊張が見られやすくなるため、併せて治療を行うといい。


③フォロースルー期

治療で疼痛があまり軽減しない場合や、肩の奥の方の痛みが強く可動域に制限がみられる場合、鍼治療後に肩関節を動かして痛みが残っている場合などは、痛みが誘発される投球肢位をとった状態で疼痛部に刺激をいれます。

投球再開にむけたトレーニングとしては、投球フォームを確認して、各関節に過度なストレスがかかっていないかを確認します。

等尺性筋力訓練から始め、投球動作での抵抗訓練を行う。

軽いボールから徐々に慣らして投球を開始します。

肘と肩の負担にならないフォームを構築していきながら、徐々に投球距離や強度をあげていき、通常の投球へ移行していきます。

体幹の回旋動作や肘の高さのチェックを行い、肩関節にとらわれずに肩と体幹、股関節、下肢のスムーズな強調運動ができるように指導します。


風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?運動も怪我を気をつけて楽しみましょうね!

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する