1. 脱毛ってどうしてる?簡単自己処理編

脱毛ってどうしてる?簡単自己処理編

脱毛ってどうしてる?簡単自己処理編

女の子は毛の処理が大変ですよね。

街を歩いていると綺麗な肌をしている人を見かけることはありませんか。

そんな人たちはどのようにして毛の処理を行なっているのでしょうか。

様々な毛の処理の仕方を紹介していきたいと思います。

カミソリ

低コストで処理ができます。

所要時間も短く、簡単に広範囲を処理ができます

カミ剃り負けをしてしまったり、角質まで取られてしまい、乾燥が激しくなってしまうことが多いので保湿をしっかりしましょう。

出ている部分だけを剃るのですぐに毛が生えてきてしまいます 。

電気シェーバー

カミソリに比べると少し高いですが、低コストで処理ができます。

直接、刃物が肌に当たらないので肌に優しいです。

ドライ刈りもできるのでいつでも簡単に処理ができます

カミソリよりも浅く刈るので毛が目立ちやすいです。

カミソリよりも肌に優しいですが、処理の頻度は多くなりそうです。

毛抜き

こちらも低コストで処理ができます。

毛を一本一本抜いていくので時間がかかります。

毛根から抜いているため、仕上がりも綺麗でカミソリや電気シェーバーに比べて毛が生えてくるのが遅いです。

無理やり毛を抜いているということになるので、肌への負担が大きいです。痛みも伴います。

埋沈毛や毛嚢炎、色素沈着の恐れがあります。

眉の下や眉毛はレーザー脱毛や光脱毛が行えないですし、電気シェーバーや眉用ハサミですと毛が残ってしまうため、毛抜きが向いていると思います。

手足の指もカーブしていて処理が難しいですし、他の部分に比べて毛が細いので皮膚へのダメージ少ないので毛抜きがおすすめです。

VIOは肌も弱く、毛が太いため、大きな痛みを伴います。さらに炎症を起こしやすいので避けましょう。

除毛クリーム

よく、脱毛クリームというものを目にしますが、どちらも同じです。

カミソリ、電気シェーバー、毛抜きと比べるとコストはかかりますが、低コストで処理ができると言えるでしょう。

短時間に手軽に広範囲を処理することができます。

カミソリや電気シェーバーに比べると、薬剤を使って毛を溶かしているので、綺麗に処理できます。頻度も少なくて済むでしょう。カミソリと違って肌触りは良いです。

毛を溶かしているため、化学薬品が使われています。肌の弱い人や、合わない人にはおすすめできません。臭いも気になる人は体調を崩してしまう人もいるため避けた方が良いでしょう。

 

いかがでしたか。

今すぐにでも自己処理できる毛の処理方法でした。

自分の肌に負担のかからない方法で正しく処理をしましょう。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する