1. 風俗嬢に多い脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)!

風俗嬢に多い脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)!

風俗嬢に多い脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)!

腰痛をお持ちの風俗嬢は多いようですが、その中でも脊柱管狭窄症からの腰痛である場合があります。

自分の腰痛の原因をきちんと知ることで、正しい処置ができ治療に役立てられることができるのです。

本日は、脊柱管狭窄症についてお話したいと思います。


脊柱管狭窄症とは??

腰部脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管が狭小して、その内部にある馬尾や神経根の圧迫傷害が生じている状態をいう。

狭窄を生じる種々の疾患の総称なのです。

ほとんどは、加齢を伴う退行性変性となります。

年齢のいっている風俗嬢は、特に気をつけなければいけません。

最近は、高齢者の増加が問題となっていますが、腰部脊柱管狭窄症に伴う間欠性跛行のために、歩行や外出が困難になる人も増えているようです。

そしてこのことは、QQLの低下につながっています。

原因は、年齢もありますが、腰部の脊柱管、外側陥凹部、椎間孔の骨性因子や軟部組織因子により狭小化して、神経根や馬尾神経を傷害されてしまうために、下肢症状や膀胱直腸傷害をきたしてしまいます。

圧迫部位により、馬尾型、神経根型、混合型に分類できます。

症状は、神経性間欠跛行が一番の特徴となります。

これは歩行すると下肢の疼痛、しびれや脱力感などが出現し、歩行不能となって、腰椎を前屈した姿勢で休憩すると症状が軽快し、再び歩行可能となるものです。

馬尾型は、両下肢の広範囲の異常感覚、下肢の脱力、膀胱直腸障害、歩行中の陰茎勃起などを呈し、神経根型は片側の下肢痛またはしびれを呈する。

混合型は両者の合併した症状を呈する。


脊柱管狭窄症の治療法とは??

神経根型では保存療法が奏功することが多いが、馬尾型では手術に至る症例が多い。

疼痛に対しては、安静、薬物治療、硬膜外ブロック、神経根ブロックを行う。間欠跛行に対し、腰椎の伸展を制限するフレクションブレースの使用が奏功することがある。

手術療法では、椎弓部分切除術による脊柱管の拡大を行う。

腰痛がある風俗嬢は、腰椎の安定性に関与する体幹の深部の筋の筋力低下しているといわれているので、これらの筋肉をうまく使うトレーニングをするといい。

ある一定の姿勢を保持するトレーニングを行うことにより、腹筋群と背筋群を同時に収縮させることを意識して筋力強化を図ることが特徴です。

上体起こしのような速い速度で行われる腹筋運動は、体幹深部の筋群よりも体幹表層にある筋群のほうが、より収縮することがわかっている。

このため、運動療法の初期では、しっかりと対象の筋を持続的に収縮させることが重要である。

運動中に疼痛が出る場合は、その運動を行わないことが重要です。


風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?

腰痛がひどくで悩んでいるようなら、脊柱管狭窄症かもしれません。

ぜひ、専門の医療機関を受診するようにしてくださいね。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する