1. 風俗嬢は人気職業、人口増加で競争率が高騰

風俗嬢は人気職業、人口増加で競争率が高騰

風俗嬢は人気職業、人口増加で競争率が高騰

日本の風俗嬢の人口は30万人

「風俗で働いている女性って日本全国に一体何人いるんだろう?」

そんな疑問を持ったことはありませんか?


「私は風俗嬢です」なんて堂々と発言できる女性はそうそういるものじゃないし、 むしろ人には黙ってやる仕事というイメージがありますよね。

でも街中に一歩足を踏み出せばそこら中に風俗のお店はあるし、 求人を見てもたくさんの募集が出ています。

お店がたくさんあって求人も多い、ということは単純に考えて それだけ多くの女性が必要とされているとみていいでしょう。

実際に夜のお店で働く「風俗嬢」の人口を推計すると、

30万人いるそうです。これは全国に風俗店が約1万店舗あり、 各店舗に平均して30人程度が在籍しているという推測から計算された数字です。

30万人といえば、医師や警察官の数と同じぐらいですし、 中学教師(約25万人)、高校教師(約27万人)よりも多い人口なんです。

日本の人口が1億3000万人とした場合、420人に一人は風俗嬢です。

実際にはもっと高い割合であなたのまわりにも風俗嬢がいることになります。

なぜなら風俗嬢は女性なのはもちろん、現役であることが前提なので、 20~30代のある程度若い世代に絞られます。そんな限られた中に30万人いるとすればそれはもう結構な割合。

引退した元風俗嬢も含めて、普通の顔で世間に溶け込んでいるのです。

想像したら、風俗に興味がある女性にとっては意外に勇気が湧いてくる情報だと思いませんか?


風俗嬢になりたい女性はごく普通の女性が多い

上述の通り、30万人も風俗嬢がいるとすると「風俗嬢って意外に人気職業なの!?」と感じますよね。

それは決してハズレではありません。

風俗というと昔はやむを得ない事情で選ぶ仕事というのが一般的で、 多くは借金や生活苦など、お金に困っている女性が多くいました。

ところが近年はそういったネガティブな理由で風俗に携わる女性の割合が減少し、 「楽に稼げる」「セックスが好き」「人に奉仕する仕事」などのプラスイメージで 風俗嬢を選ぶごく普通の女性が増えています。

たとえば、普通の教育を受けてきた現役大学生や高学歴の社会人などです。

働かなければならない事情はなくても好んで「風俗嬢」という仕事を選択しているのです。

現在はひとつの職業としての認識が高まっていることの現れと言えるのかもしれませんね。


なりたくてもなれない!

近年増加を続けている風俗嬢の人口。

ごく普通の女性まで風俗の仕事を選び始めれば、競争率が高くなるのも必然というものです。

「まさか風俗嬢の面接で落ちるわけがない!」

そんな考え方だと、もしかしたらあなたは風俗嬢になれないかもしれません。

それぐらい応募数は多いし、それにともなって自然とレベルは上がり、面接のハードルも上がっています。

もし運良く風俗嬢になれたとしても、そこそこのルックスというだけでは指名争いに負けて たいして稼ぐことはできないでしょう。


「そんなに競争率が高いなら私には無理かも・・・」と自信をなくしているあなた。

逆にチャンスと言えるかもしれません。

風俗嬢の供給が溢れている今、必要なのは他者との差別化です。

男を昇天させる必殺のスゴいワザを持っているとか、 誰にも負けない個性的で愛想の良い接客ができるとか、 自分に求められているものを確実に提供していければあなたはより多くの男性を満足させ、 ライバルたちを出し抜くことができるでしょう。

今も昔も風俗嬢に必要なのは、この世界でやっていくという「覚悟」なのかもしれません。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する