1. 風俗嬢も要注意!カフェイン摂り過ぎ

風俗嬢も要注意!カフェイン摂り過ぎ

風俗嬢も要注意!カフェイン摂り過ぎ

コーヒーが大好きで、一日何杯も飲んでいるという風俗嬢も多いと思いますが、カフェインは、取りすぎると中毒になってしまいます。過剰なカフェイン摂取によって、体に様々な影響を与えてしまうので、正しい知識が必要です。

カフェインの作用とは?

よく「眠気覚ましにコーヒーを飲む」などということを聞きますが、これはコーヒーに含まれるカフェインによる薬理作用を期待しているのだとも言えるわけです。

この例に代表されるように、コーヒーの持つ薬理作用の大部分がカフェインの作用であると言われています。

カフェインにはさまざまな薬理作用があることが知られています。


1.中枢興奮作用

カフェインは中枢神経系(脳、脊髄など)を興奮させる働きがあります。

これによって感覚受容(五感の感受性)や精神機能(頭の回転)の亢進をきたし、 眠気や疲労を除去する とともに運動機能を高めます。これが 眠気、倦怠感 に有効とされます。

カフェインのこの中枢興奮作用はまず大脳皮質ついで延髄に働き、大量に投与すると脊髄の興奮も見られます。しかしあまりに過剰に投与するとけいれんをおこした後、死に至ります。


2.骨格筋に対する作用

カフェインは骨格筋に直接作用して、筋肉の収縮を増強します。この結果、 疲労の軽減、活動性増大がおこります 。一方で過剰の投与により震顫(手などの震え)も起こります。


3.心臓に対する作用

カフェインは心筋に直接作用して、収縮増加、拍数増加、拍出量増大をおこします。

この作用は中枢作用とは逆にテオフィリンの方がカフェインよりも効果が大きいことが知られています。

大量投与時には頻脈となり、不整脈が現れることもあります。


4.利尿作用

カフェインには腎臓の血管を拡張する働きがあります。

腎臓は血液から老廃物を濾し取って尿を生成しますが、血管が拡張することで血流量が増し、この濾過を亢進させて尿の生成が増加します。

このためカフェインの摂取によって利尿作用が現れます。

腎性浮腫に対して有効とされるのは主にこの作用によると考えられます。

この作用もテオフィリンの方がカフェインより強いといわれます。

他にもありますが、これらがカフェインのもたらす作用です。このようにカフェインには色々な作用がある事が、風俗嬢の皆さんにもお分かりいただけたと思います。

カフェインの副作用

適切な量なら良い効果が得られるカフェインですが、過剰に摂取してしまうと体に悪い副作用が出てしまいます。

カフェインの副作用には短期に大量に摂取した場合の急性中毒と長期間に摂取し続けた場合の慢性中毒の2種類があります。


①急性中毒

心拍数の増加、不整脈、動悸、血流増大、呼吸困難(過呼吸など),歩行困難、胸痛、胃痛、嘔吐、感覚過敏、精神錯乱、幻覚、幻聴


②慢性中毒

神経過敏、興奮、睡眠障害、頻尿、頻脈

このようにカフェインの副作用は危険なものが沢山あります。

もし、これらの症状に心当たりがあるのならカフェインの摂取は控えた方が良いでしょう。

それに、栄養ドリンクの『モンスターエナジー』に含まれる多量のカフェイン摂取で、アメリカに住む14歳の少女が亡くなった死亡事件も過去にあるので、カフェインの過剰摂取には十分注意が必要です。


風俗嬢の皆さんも、適度に摂取するようにしましょうね!

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する