1. 風俗嬢も驚愕!布団に潜むダニ!

風俗嬢も驚愕!布団に潜むダニ!

風俗嬢も驚愕!布団に潜むダニ!

布団には、ダニが多く潜んでいると言われています。そして、そのダニによる健康被害は風俗嬢の間でも深刻化しています。

毎日、昼夜反対の生活をしている風俗嬢は、布団を干すことをしていないため、ダニの数も半端ないかもしれませんね。

本日は、ダニについてお話したいと思います。

布団に潜むダニについて

「布団にいるダニの正しい駆除の仕方は?」、「干しても意味がないって本当?」と、お悩みな風俗嬢は多いかと思います。

ダニは、布団を干して叩くだけでは、十分な対策とは言えません。

今回は、ダニによる健康被害を防止するために、布団にいるダニを殺す方法や、正しい布団のお手入れ方法などをご紹介します。

布団には、ダニが32万匹います。一般家庭で見られるダニは、5種類ほどですが、その中でも布団やカーペットなどに生息するほとんどが、「チリダニ(ヒョウダニ)」と呼ばれるダニです。

ホコリや人間のフケや垢などをエサにし、高温多湿の環境で増殖します。

チリダニは、人を噛みませんが、その死骸やフンが、アレルギー性鼻炎、喘息の原因となり、小さなお子様の場合は、アトピーになったり、風邪をひきやすくなったりすることがあります。

ダニを退治することはもちろんですが、死んだダニの処理が最も重要です。

また、大人だからといって安心はできず、長年ダニの死骸やフンに囲まれた生活を続け、アレルギー物質に耐えられる許容範囲を超えると、急にアレルギー症状や喘息を起こす可能性もあります。

布団ダニの駆除法とは??

布団にいるダニの駆除には、「熱でダニを殺す」、「吸い取る」の2つのステップが大切です。

布団を干して叩くことは、普段から行っている人は多いですが、これだけでは不十分です。

ダニは50度にならないと死滅しませんし、布団を叩いてもダニはすべて落ちるわけではなく、むしろダニの死骸やフンが舞い上がり、アレルギーなどを起こします。

布団を干す際や、取り込む際は、密閉性の高いマスクをするようにするようにしてください。

ここでは、ダニを正しく駆除するための2つのステップを詳しく解説します。


①布団乾燥機やスチームアイロンでダニを殺す

ダニは、50度の温度で死滅するため、布団乾燥機ホットカーペット、スチームアイロンを使ってダニを殺します。

ホットカーペットをお持ちの方は、ダニを殺す機能がついていることが多いので、そちらも布団のダニを殺すのに使えます。

ホットカーペットの上に布団を敷くだけでも、同様の効果が期待できます。

布団乾燥機やホットカーペットがないお宅でも、少々手間はかかりますが、アイロンを使えばダニを殺すことができます。

布団乾燥機は、製品の使い方に従ってください。

アイロンでダニを殺す方法を、詳しくお話します。

スチームアイロンでダニを殺す方法

※お使いの布団にアイロンが使えるかどうかは、必ず絵表示でご確認ください。

(1)部屋を暗くしてダニを表面に出す

ダニは、薄暗いところで活発に活動するため、部屋を暗くしてダニを布団の表面に出てこさせます。

逆に、部屋が明るいと、布団の繊維の奥の方に逃げてしまいます。部屋を暗くする時間としては、1時間程度が目安です。


(2)当て布を当てる

当て布には、きつくしぼった塗れタオルを使います。ダニを殺すために、数秒間同じ場所にアイロンを当てるため、記事が焦げるのを防ぐために必要です。


(3)スチームアイロンをかける

絵表示にある温度に合わせて、アイロンの温度を設定してかけます。アイロン本体というよりも、スチームを当てるようなイメージです。

温度により、アイロンを布団に当てる時間は異なりますが、5秒程度を目安にかけてみてください。

ダニが温度の低い方に逃げていく可能性があるので、ダニのエサとなるフケや髪の毛などが多い、頭の方から足の方に向かってかけていくのがおすすめです。


②掃除機で吸い取る

高温のアイロンを当て、ダニが死滅しても、死骸やフン、ダニの卵はまだ布団にいるので、掃除機で取り除かなければなりません。

これらは、布団の繊維とからまって簡単には取れないため、掃除機の使い方にも工夫が必要です。

掃除機は、ゆっくりていねいにかけることが重要で、1㎡に20秒程度かけて吸い取りましょう。

こちらも、ダニが特につきやすい頭から下に向かってかけましょう。

〈ふとん用掃除機ヘッド〉

「普段掃除に使っているヘッドを布団に当てるには抵抗がある」、「布団の布を吸い 込んでやりにくい」という場合は、ふとん専用のヘッドがおすすめです。

新たに専用の布団クリーナーをご購入いただくのも良いですが、費用を抑えたい場合や、 新しいものを買い増しするのはちょっと……という場合は、ご自宅の掃除機につけて 使えるノズルを購入するのもおすすめです。

ふとん用のヘッドは、布団の布を巻き込みにくいだけでなく、布団の繊維にからみついた ダニや死がい、フンなどをたたいてかき出す機能がついていることもあります。

ご自宅の掃除機の機種や品番に合うノズルをご購入ください。

なお、通販でご購入される場合は、メーカーに問い合わせた方が、サイズの間違いがなく確実です。

※ふとん用掃除機ヘッドよりは効果は劣りますが、普段使っている掃除機のヘッドに、 ストッキングをかぶせて代用することも可能です。

お手入れの頻度

お手入れの頻度は、だいたい1週間に1度くらいのペースで行ってください。

ダニは、2~3カ月が寿命ですが、その間に1日に1~3個ずつ卵を産み、卵が成虫になるまで の期間は2週間あまりです。

このサイクルを考えると、1週間に1回行っていれば、ダニによるアレルギーを防ぐ効果が 高まります。


風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?ダニは、温度が20~30度、湿度が60~80%が快適とされているため、布団をこの環境にしないことで、ダニの繁殖は防げます。

まめな掃除を心がけましょう。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する