1. 風俗店でお客さんにタメ口で話してもいいの?

風俗店でお客さんにタメ口で話してもいいの?

風俗店でお客さんにタメ口で話してもいいの?

風俗店ではどの業種であっても、1日に何人ものお客さんの相手をします。

お客さんから本指名を何度もしてもらえるようになると、毎日の努力を繰り返していれば、常連客になってくれることも。

お客さんと次第に仲良くなってきたら、敬語も自然にとれてタメ口で話すということもあるでしょう。

風俗店ではお客さんとの距離感が近いということから、年齢に関係なく話す言葉は変化してくるのが特徴といえます。

親しいからこその”タメ口”

その日初めて会ったお客さんにタメ口で話すのは、人によっては悪い印象えお与えてしまいます。

初対面ということもありますが、あくまでも接客業ですので丁寧で正しい日本語でお話するのが理想的です。

お客さんの中には、「いきなりタメ口で話されるのが嫌だ」という方などプライベートはプライベートと割り切っている方もいらっしゃいます。

お客さんにタメ口を使うのは、常連さんまでとはいきませんが、お互いの距離が近づき仲良く接することが出来るようになってからの方が好印象を与えます。

敬語で話していたのに、突然タメ口で話すことで「仲良くなれたんだ」とギャップを与えてさらに仲良くなれることも。

お客さんとの親密度やタイプに合わせて話し方を変えるのも、接客テクニックの一つです。

もっと距離が近くなるテクニック

風俗店に来店されるお客さんは一般的に30代〜40代が多いため、働く女性より年上の場合が多い傾向に。

そのことから、タメ口で話すことに戸惑ってしまう方も多いかと思います。

風俗店では、お客さんが来店してくださってはじめてお給料が入ります。

お客さんのことを第一に考え、サービス料金以上のおもてなしをしてあげるという意識を忘れないようにしましょう。

タメ口は話してはいけない」という規則はありませんので話し方は自由ですが、自分のキャラクターに合わせて話し方を変えるというのも戦術といえます。

お客さんのリアクションや話し方を見て「プレイ中はタメ口」「プレイ以外は敬語」とハッキリ分けるというのもいいでしょう。

メリハリを付けることで相手の印象にも残りやすく、よりあなたを覚えてくれることでしょう。

いかがでしたでしょうか?

お店のコンセプトや自分の売り出しているキャラクター像で敬語とタメ口を駆使してみてください。

最初は慣れないかもしれませんが、今後のお仕事にも自分の強みにつながる可能性も充分に秘めていること間違いなしです。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する