1. 風俗で転職するときの注意点
風俗店を変える時に気を付けたい事

風俗で転職するときの注意点

転職の時に気をつけたい事

1.身バレリスクをなくすため円満に退職する

今働いている風俗店を辞めてほかのお店で働く場合、後々トラブルにならないよう円満に辞めることが大切です。風俗店では在籍する女性を、稼いで売上を上げてくれる・出勤数が少ないときに入ってくれる・後輩の面倒見が良いなど様々な角度から見ていることも少なくありません。あまり稼げていなくても、お店側からしたら辞めることが大きな損失になることもあります。それだけに直前になって辞めることを告げた場合は、引き留められてすぐに辞められないということも多いです。また連絡せずに辞めるといったことを行い連絡が取れなくなってしまうと、職場に寄手は自宅まで行くという行動を取られることもあります。その際に両親などに風俗で働いていることがばれ、家族との関係が微妙になるなどのトラブルにつながることもあるので気を付けましょう。

2.トラブルなく辞めるためにも同地区同業種は避ける

これまでの働いたお店と同じエリア・同じ業種を次の職場に選ぶのは、できるだけ避けた方が良いでしょう。風俗店数がほとんどない地方・数多くの風俗店がひしめく歓楽街など地域に関係なく、お店同士の競争は激しいです。お店を辞める・違うお店で仕事を始めることに関しては理解されても、同じ地区のライバル店に移籍することに関してはこころよく受け入れてくれないことも多いです。そうなると直接的な妨害などを受けることは少ないものの、将来出戻りとして働きたくなったときに受け入れられないことも多い傾向にあります。そのため次に仕事をする風俗店は、今の街から少し遠い・ピンサロからソープなど全く異なる業種を選択することが大切です。そうすることによってトラブルなくお店を辞めることにもつながり、さっぱりした気分で次の仕事をスタートさせることができるでしょう。

3.高収入を獲得できるように常連客に移籍先を伝える

次の風俗店でもしっかり稼ぐためには、今いるお店の常連客にそのことを伝えることもひとつの方法です。定期的に指名してくれる常連の男性客は、女性のことを気に入っているので、職場が変わっても変わらずに来てくれることが多いです。このような常連客に声をかけておくことによって、次に働く風俗店でもある程度の接客機会に恵まれ、歩合給の風俗でも安定した額の給料を獲得することができます。ただこのときは常識がある・紳士的な男性客を厳選して声を掛けることが大切です。相手を間違えると掲示板サイトなどに書き込まれ、ストーカー予備軍など避けたいタイプの男性客に知られることもあります。また辞めるお店を定期的に利用しているなど、声を掛けてもお店の売上を落ちるリスクの少ない人を選ぶことも重要です。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する