1. 風俗との掛け持ちにオススメできる業種
風俗との掛け持ちにオススメできる業種

風俗との掛け持ちにオススメできる業種

1.デスクワーク中心の事務

風俗との掛け持ちでオススメできる業種のひとつが事務職です。身体を使ったサービスを行う風俗に対し、デスクワークなど身体を動かすことの少ない事務職は性質が異なります。それぞれの仕事で負担がかかる箇所が異なるので疲労が溜まりにくいです。平日の日中は事務の仕事を行い、仕事終了後や土日祝などの休日は風俗で働くというサイクルであれば、風俗の仕事がストレス解消になることもあります。事務職は勤務時間が決まっていることが多く、基本的には午後5時などの時間帯に帰れるので、風俗などの副業を行いやすい業種です。ただ事務職の中でも、PCを使った入力作業・書類の整理・電話への対応など職場によって詳細は異なるため、ご自身にとって負担のかからないものを選択すると良いでしょう。

2.ガールズバーなどの水商売関連業種

人と話をするのが好き・お酒を飲むことに抵抗がない方であれば、ガールズバーのような水商売関連の職業との掛け持ちを行うのも良いでしょう。ガールズバーはカウンター越しに男性客とお酒を飲みながら話をするという、水商売関連の業種の中でもライトな内容の業種です。3,000円以上など時給が高く設定されている・自分の都合に合わせてシフトを決められるお店も多いので、空いた時間を活かして稼ぐのに効果的な仕事といえます。また他業種との掛け持ちを認める職場も多いので、風俗と掛け持ちをして高収入を獲得することもできます。仕事内容はお酒を飲みながら男性客と話をすることなので、人と話をするのが好き・お酒を飲むことに抵抗のない方は大きなストレスを感じることなく行うことができるでしょう。

3.献身的な姿勢が活かせる介護職

風俗との掛け持ちでオススメできる業種のひとつが介護職です。仕事内容から厳しい職業と感じる人も多いですが、献身的なサービスを提供するという部分では風俗に通じることもあります。また介護の現場は人が足りてない状況のため、未経験の方が週2日・1日4時間以上といった条件で仕事ができるところも多いです。午前から夕方くらいの時間帯に働ける職場が多いので、仕事が終わった後の夜の時間帯に風俗で仕事をすることもできます。ただ介護職は体力や根気が必要となるため、仕事が終わったときに心身ともに消耗しきっていることも多いです。身体に負担をかけないためには、仕事終わりでなく休日に風俗で働くように調整することが大切です。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する