1. 男性客とのトラブルと対処法
男性客とのトラブルと対処法

男性客とのトラブルと対処法

男性客とのトラブルと対処法

1.《本番強要》を防ぐには?

デリヘルやヘルスなど性行為禁止の風俗業種で、男性客から本番を強要されることを防ぐためには早い段階で相手を満足させることが大切です。風俗の中では性行為を行えるのはソープのみですが、デリヘル・ヘルス・ホテヘルなどのヘルス系風俗では禁止である本番を求めてくる人が多いです。特にお店の外でサービスを行うデリヘル・ホテヘルではその傾向がさらに強くなります。本番をしたいと明言しなくても、性行為に似た素股を行うときに、事故に見せかけて挿入してくる男性も多いので気を付けましょう。このようにヘルス系風俗で本番を防ぐためには、手や口を使ったサービスで早い段階で満足させることが大切です。風俗では気持ち良くなれたことで満足する男性は多く、「もっと遊びたかった」などといわれた場合は「また今度ね」などとかわすことで、その人を気に入りリピーターになる人を増やし高収入を獲得することにもつながります。

2.《盗難》を疑われないためには?

男性客のお金や荷物が盗まれたという盗難トラブルを防ぐためには、相手と行動を共にすることが大切です。お店の外で接客を行うデリヘル・ホテヘルといった移動型の風俗業種では、シャワーに入るなど距離が離れたときなどに財布からお金を盗まれるといった勘違いをする男性客もおり、トラブルにつながることもあります。このような状況を防ぐためには、一緒にシャワーに入って一緒に出るなど、荷物が置いてある部屋に女性が一人という状況をつくらないようにしましょう。またサービスが終了して部屋を出るときに「財布や荷物など忘れ物はありませんか?」などと声を掛け、男性客に荷物を確認させる時間をつくることも大切です。

3.《泥酔客》の対応方法は?

酔っぱらった状態の男性客にサービスを行うときは、場合によってはお店のスタッフに状況を説明して対応してもらうことが大切です。風俗店の中には深夜の時間帯に営業するところが多いため、何軒かの居酒屋に行った後に風俗を利用する男性客も少なくありません。基本的には酔っぱらった状態の男性客を断る風俗店は多いです。ただ電話や受付のときは問題なさそうに見えて、その後ホテルで対面したときには酔いが回っているケースもあります。酔っぱらった男性客は、言動が荒くなって暴力をふるう、その場で寝てしまいサービスができないといったトラブルを起こすことがあります。記憶をなくしていて後からクレームを入れる人もいます。それだけにトラブルを未然に回避するためには、対面したときの相手の状況を確認し、自分で対応するのが難しいときはお店のスタッフに報告して対応してもらうことが大切です。

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?

今すぐ相談する